佐世保で来年「生物学五輪」 国内予選参加者募集

西日本新聞

 世界の高校生らが参加する「第31回国際生物学オリンピック2020長崎大会」が来年7月、長崎県佐世保市の長崎国際大で開催される。大会組織委員会は日本代表を選ぶ国内予選の参加者を今月末まで募集している。

 国際生物学オリンピックは国際交流を通じて生物学を担う人材を育成するために、1990年から開催。知識だけでなく、実験を通した分析力や思考力が問われる。長崎大会には80カ国320人の参加が見込まれている。

 日本開催は、2009年の茨城県つくば市以来2度目。長崎大会組織委の浅島誠委員長(東京大名誉教授)は「科学には負の遺産もあることを、被爆地長崎で世界の若い人たちに知ってもらいたい」と話す。大会期間中、長崎市の視察が予定されている。

 国内予選は大学入学前の20歳未満が対象。今年7月に約100カ所で筆記試験を行い、上位約80人が8月の実験試験(本選)に進出。上位15人から、来年3月に日本代表4人を決める。

 申し込みは5月末まで。昨年の国内予選には過去最多の約4200人が参加した。

=2019/05/08付 西日本新聞朝刊=

PR

PR

注目のテーマ