追い山コースを舁き手がガイド 福岡市のNPO、参加者募集

西日本新聞

昨年の博多祇園山笠の「追い山」の様子 拡大

昨年の博多祇園山笠の「追い山」の様子

 福岡市のNPO法人「博多の風」(大庭宗一理事長)は、夏の博多祇園山笠を前に6月2日、祭りのクライマックス「追い山」のコースをたどる街歩きイベント「博多のおいしゃんと歩こう『第18回追い山笠コース探訪』」の参加者を募集している。

 博多の文化や歴史を知ってもらおうと毎年開催している恒例イベント。午前9時、同市博多区の冷泉公園に集合。追い山のコース(約5キロ)を、長法被姿の舁き手たちが祭りのこぼれ話などを披露しながら、約2時間かけて案内する。

 参加費千円(中学生以下無料)。定員150人。申し込み締め切りは19日。はがきに参加者全員の氏名、年齢、代表者の住所、電話番号を記入し、〒812-0027、福岡市博多区下川端町8の16の302、博多の風事務局へ。ファクス=092(263)7188=やホームページ(http://hakatanokaze.jp/)からも申し込める。

 問い合わせは、専用メールアドレス(tanbou2019@hakatanokaze.jp)へ。

=2019/05/14付 西日本新聞朝刊=