福岡―務安、済州 就航 韓国のLCC 7月から定期便

西日本新聞

 【ソウル池田郷】韓国の格安航空会社(LCC)、チェジュ航空は7月から、福岡空港と韓国南西部の務安(ムアン)、朝鮮半島の南に浮かぶ韓国・済州島をそれぞれ結ぶ定期便を就航させる。福岡-務安線は初就航。福岡-済州島線は2014年10月に直行便がなくなってから、韓国の仁川などでの乗り換えが必要だった。

 同社によると、務安線は7月1日から就航し、週4往復(月、水、金、日曜日)。済州島線は7月2日から週3往復(火、木、土曜日)する。ボーイング737-800型(189席)を使用する。今月17~27日に、両路線の10月26日搭乗分までの航空券を片道2千円(燃油特別付加運賃=燃油サーチャージ=などを除く)から発売する。

 現在、韓国国内外の42都市で71路線を運航している同社は「日本の主要都市と韓国の地方空港を結ぶ路線を増やし、両国の観光需要の増大に貢献したい」(PRチーム)としている。

=2019/05/15付 西日本新聞朝刊=

PR

国際 アクセスランキング

PR

注目のテーマ