富野由悠季の世界 -ガンダム、イデオン、そして今

西日本新聞

『機動戦士ガンダム』©創通・サンライズ 拡大

『機動戦士ガンダム』©創通・サンライズ

『機動戦士ガンダム』(1979年)、『ガンダム Gのレコンギスタ』(2014年)などの「ガンダム」シリーズの他、『伝説巨神イデオン』(1980年)、『聖戦士ダンバイン』(1983年)といった数多くのオリジナルアニメーションの総監督を務め、国内外のアニメシーンに多大な影響を与えてきた富野由悠季(1941年神奈川県小田原市生まれ)のこれまでの仕事を回顧、検証する初の展覧会が福岡市美術館で開催されます。

 

《日程》 2019/06/22(土) 〜 2019/09/01(日)

《時間》09:30 〜 17:30   ※7・8月の金土曜は20:00まで開館

《休館日》毎週月曜日(ただし、7月15日と8月12日は開館し翌日休館)


《料金》 一般1,400円(1,200円)、高大生700円(500円)、小中生500円(300円) ※( )内は前売りおよび20名以上の団体、満65歳以上の割引料金。 ※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名および特定疾患医療受給者証、特定医療費(指定難病)受給者証、先天性血液凝固因子障害等医療受給者証、小児慢性特定疾病医療受給者証の提示者は観覧無料

《主催》 福岡市美術館、西日本新聞社、九州朝日放送

《URL》https://www.tomino-exhibition.com/

《問い合わせ先》  TEL: 092-714-6051(代表)

さらに詳しい情報は、「九州、山口の展覧会情報&アートカルチャーWEBマガジン ARTNE」をチェックしてください。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ