1人会派名に個人名「不適切」 緒方市議に修正要請へ 熊本市議会

西日本新聞

 「自分の名前が会派名」はダメ?-。熊本市議会は15日、1人会派の名称を「緒方ゆうか」とする会派届けを提出した緒方夕佳議員=無所属、2期=に対し、会派名を修正して再提出するよう、倉重徹議長を通じて要請することを決めた。ただ、市議会事務局によると個人名を使うことを禁じる規定などはなく、議長の要請にも法的拘束力はないという。緒方氏は「法的根拠を示すよう求めたい」と反発している。

 この日の議会運営委員会では、「ふさわしくない。常識の範囲内で決めるべきだ」(沢田昌作議員)との声が続出。同市議会は慣例的に1人会派を認めてきたが、「見直すべきではないか」(西岡誠也議員)との意見も出た。会派届けが再提出されるまでの間、会派名を空白とする。

 緒方氏は1期目、1人会派名を「和の会くまもと」としていた。緒方氏は「『1人会派なのか分かりにくい』との声があり、変えようと思った。規定や法令などでは全く問題はない」と説明。取材に「一方的な形で(修正を求めることを)決められ、非常に驚いている」と述べた。

 福岡市など9市は条例や申し合わせ事項で会派の定義を決めているが、熊本市など11市は明確な規定などはなく、政令市でも対応が分かれている。

=2019/05/16付 西日本新聞朝刊=