水郷ひたキャンペーンレディに草野さん、仁田野さん 「心に残るふるさとPR」

西日本新聞

水郷ひたキャンペーンレディに選ばれた草野さん(左)と仁田野さん 拡大

水郷ひたキャンペーンレディに選ばれた草野さん(左)と仁田野さん

 日田市の日田まつり振興会(事務局・市観光課)は、同市の魅力を内外にPRする「水郷ひたキャンペーンレディ」を、新たに同市大山町の草野亜李砂さん(30)と同市琴平町の仁田野明日香さん(27)に委嘱した。25、26日の「日田川開き観光祭」が市民へのお披露目の機会になる。

 約1年半前に福岡県から移住した草野さんは市地域おこし協力隊員としても活動しており「日田が地元ではない分、目線は観光客に近い。純粋に、日田の好きなところを伝えたい」。同市出身の仁田野さんは「ふるさとの良さを発信できることがうれしい。雄大な自然、美しい街並み、多彩な行事など、日田が心に残るように魅力をPRしたい」と話した。

 任期は2年間。昨年度のキャンペーンレディと合わせ計4人で、市内外のイベントなどに参加する。同振興会長の原田啓介市長は「令和の新時代で初のキャンペーンレディになった。2人の素敵な笑顔で大いに日田をアピールしてほしい」と期待した。

=2019/05/16付 西日本新聞朝刊=