住民票を不正入手 容疑で弁護士を書類送検 福岡県警

西日本新聞

 福岡県警は16日、住民基本台帳法違反の疑いで、東京都調布市に住む弁護士の男(72)を書類送検した。送検容疑は、2017年、同県内の男性から遺産分割調停申し立て業務を依頼されたように装い、不正に男性の住民票の写しを入手した疑い。

=2019/05/16 西日本新聞=