アンバサダーにコーラスグループFREAK 福岡マラソン、イメージソング書き下ろす 市役所前で就任式 サポーターにはLinQ

西日本新聞 ふくおか都市圏版

大会アンバサダーに就任し、イメージソングを書き下ろすFREAK 拡大

大会アンバサダーに就任し、イメージソングを書き下ろすFREAK

大会サポーターに就任したLinQのメンバー

 11月10日に福岡、糸島両市で開かれる「福岡マラソン2019」を盛り上げる大会アンバサダーに、九州を中心に活動する男性4人組のコーラスグループ、FREAK(フリーク)が就任した。16日に福岡市役所前で就任式があり、実行委員会の福田大二郎事務局長がリーダーの中垣悟さんに任命書を手渡した。

 フリークの就任は17年大会に続き2回目。前回もイメージソングを提供したが、今回は大会のために新たに曲を書き下ろす。中垣さんは「走っていて気持ちよくなるような曲にしたい」と意気込みを語った。

 森岡大地さん、双子の伊藤元樹、勇樹さん兄弟を加えたメンバー4人はフルマラソンにも挑戦する。勇樹さんは17年以来2回目の出場。

 同じく盛り上げ役の大会サポーターには、福岡市を拠点に活動する女性アイドルグループ、LinQ(リンク)が就いた。リーダーの吉川千愛さんは「福岡の良さをたくさんの人に伝えたい」と笑顔だった。

 また、実行委はゲストランナーと招待選手も発表した。ゲストランナーは、来年の東京パラリンピック女子マラソン(視覚障害)で2大会連続のメダル獲得を狙う道下美里さん(42)=太宰府市=とパラリンピック3大会連続で男子車いすマラソンに出場した山本浩之さん(52)=福岡市=の2人。

 招待選手は昨年の大会参加者4人。福岡、糸島両市から出場した男女の中で、それぞれ1位だった中村卓也さん(直鞍クラブ)▽花田まりさん(大濠ランナーズ)▽河村貴行さん(福岡陸協)▽江頭まなほさん(雷山走ろう会)。

=2019/05/17付 西日本新聞朝刊=

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ