えっ、コレも!? 132個の“残念”な習慣

西日本新聞

『日本人の9割がやっている もっと残念な習慣』ホームライフ取材班編 拡大

『日本人の9割がやっている もっと残念な習慣』ホームライフ取材班編

 平成31年4月30日(火・祝)、平成最後の日。いまひとつ実感に乏しいのは10連休中だからか。とはいえ明日から新しい時代。せめて晴れやかな気持ちで迎えたいと思い、窓を全開にして部屋の大掃除に励んだ。その後、『日本人の9割がやっているもっと残念な習慣』をパラパラと読む。健康や美容、食事や家事など、日常生活で私たちが知らずに正しいと思い込んでいる“残念”で“ムダ”な習慣が132個も紹介されているのだ。ページをめくりながら思わず「ほお…」「えっ」と声に出してしまう。ほお…ほお…ほお…、えっ、窓を開けて掃除機をかけるのって逆効果なの!?

 令和元年5月1日(水・祝)、記念すべき令和1日目。クロワッサン1個とコーヒーを用意して、令和初の朝刊にしげしげと読みふける。ちなみに令和初の朝食がのけぞるほどシンプルなのはダイエット中だからである。その後、『日本人の9割がやっているもっと残念な習慣』をパラパラと読む。…おい私、パンとコーヒーはダイエットにとって最悪の組み合わせだってよ。

 令和元年5月2日(木・祝)、令和2日目。休日気分と令和気分を味わいたくて、行くあてはないが外出することにした。水筒代わりに、空のペットボトルにお茶を入れてバッグに忍ばせる。案の定、外に出ると暑い。我ながらナイスな判断だ。電車のなかで『日本人の9割がやっているもっと残念な習慣』をパラパラと読む。…うっ、飲み終えたペットボトルは細菌の巣窟だと…。

 令和元年5月4日(土・祝)、令和4日目。それよりも連休があと3日で終わることのほうが切実だ。今日は時間をかけて『日本人の9割がやっているもっと残念な習慣』をじっくりと読み込むことにする。「リクライニングシートは倒さないほうが腰への負担が少ない」「布団たたきはダニを奥深く潜りこませるだけ」「運動前のストレッチは逆効果」…ふせん片手に読み始めたら、ほぼすべてのページに貼ってしまい意味がない。

 思えば今までの私は、大体のことにおいて惰性や“なんとなく”で行動していた気がする。けれども情報量の増大やテクノロジーの進化に伴って、昨日の常識もすぐに非常識に変わる時代だ。令和ではそのサイクルがさらに加速するのだろう。だからこそ本書を参考にして、すでに残念になってしまった習慣は早いうちに平成に置いていきたいのだ。


出版社:青春出版社
書名:日本人の9割がやっている もっと残念な習慣
著者名:ホームライフ取材班[編]
定価(税込):1,080円
税別価格:1,000円
リンク先:http://www.seishun.co.jp/book/20951/

 西日本新聞 読書案内編集部

PR

PR

注目のテーマ