メイポールダンス、81人が編み上げる 福岡女学院

西日本新聞 ふくおか都市圏版

紅白の布を踊りながら編み上げる生徒たち 拡大

紅白の布を踊りながら編み上げる生徒たち

 創立134周年を迎えた福岡女学院中学・高校(福岡市南区)で18日、創立記念日を祝う伝統のメイポールダンスが披露された。

 欧州に伝わる五月祭にならい、1916年に「太陽の光のような明るい行事で生徒の心を引き立てよう」と始まった。現在は中学2年が、学年から選出されたメイクイーンの前で踊る。

 今年は雨のため14年ぶりに体育館で実施。生徒81人は高いポールに下がる紅白の布を、踊りながら軽やかに編み上げた。山口明莉さん(13)は「屋内だったおかげで、見学の方に近くで見てもらえました」と笑顔で話した。

=2019/05/19付 西日本新聞朝刊=

PR

最新記事

PR

注目のテーマ