自民現職の礒崎氏後援会事務所開き 参院選大分選挙区

西日本新聞 大分・日田玖珠版

ガンバローをする礒崎陽輔氏(中央)と支持者ら 拡大

ガンバローをする礒崎陽輔氏(中央)と支持者ら

 今夏の参院選で大分選挙区(改選数1)に立候補を予定している自民現職の礒崎陽輔氏(61)の後援会事務所開きが19日、大分市であった。総合選挙対策本部長に衛藤征士郎衆院議員(78)=衆院大分2区=が就いた。

 磯崎氏は2007年に参院選で初当選し2期目。首相補佐官や農林水産副大臣を務めた。この日は、自民党や公明党、経済団体などから約100人が出席。磯崎氏は「経済指標など良くなったが、県民に景気回復の実感は少ない。賃上げを実現するため、なんとしても勝たないといけない」と決意表明した。衛藤氏は「自公の協力なくして勝利はない。一心同体となって力をお貸しください」と呼び掛けた。

 大分選挙区には、野党統一候補として新人の安達澄氏(49)が立候補を表明している。

PR

PR

注目のテーマ