第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

前期V古賀さん8強 川内、武富さん2回戦惜敗 久留米王位戦

西日本新聞 佐賀版

 福岡県久留米市で19日に開かれた第42期西日本久留米王位戦で、前期久留米王位の製薬会社員古賀一郎さん(52)=鳥栖市大正町=は準々決勝で涙をのんだ。信用金庫職員川内篤さん(42)=佐賀市水ケ江=と県職員武富有平さん(23)=同市中の館町=はいずれも初戦の2回戦で惜敗した。

 2回戦から登場した古賀さんは、初戦で宮崎県代表の寺原達さん(31)を破った。準々決勝の相手熊本県代表藤田雄一郎さん(50)は「大学以来、30年ぶりの顔合わせ」という。序盤は優位に立ったが「昔と変わらず粘り強い将棋。相手に立ち直るきっかけを与えてしまった」。終盤に差をつけられた。「自分なりの力は出せたと思う。息長く指したい」と前を向いた。

 2003年以来2度目の出場の川内さんは、2回戦で藤田さんと対局。「チャンスはあったと思うが、難しく詰め切れなかった。1手ずつ足りない展開になった」と振り返った。「(4強入りした)前回より大会のレベルが上がっていた。形勢判断力を身に付けたい」

 武富さんは8強となった14年以来2度目の出場。熊本県代表岩永凌さん(20)との対局で、序盤からポイントを稼ごうとしたが苦しい展開に。「先に仕掛けられた。中盤の駒組みに隙があった」と悔やむ。「研究不足を感じた。もっと勉強しなくては」と気を引き締めた。

佐賀県の天気予報

PR

佐賀 アクセスランキング

PR

注目のテーマ