「あじさいの湯」無料足湯 好評 発酵食品の健康ランチも 宇土市

西日本新聞 熊本版

「あじさいの湯」に新設された無料の足湯 拡大

「あじさいの湯」に新設された無料の足湯

 宇土市網津町の市健康福祉館「あじさいの湯」に設けられた利用無料の足湯が好評だ。館内の食堂では日曜日限定の健康ランチも始め、集客に力を入れる。

 福祉館は天然温泉の大浴場やサウナがある温泉施設と食堂、休憩ロビーを備える。足湯は2月末に屋外に設置し、屋根付きで8人ほどが同時に使える。温泉施設では温泉入浴指導員の資格を持つ職員から、冷え性やストレス解消などに効果がある温泉の使い方などのアドバイスを受けられる。

 健康ランチは大津町在住の料理家で食生活アドバイザーの渡辺悠さんが監修。宇土産大豆を煮て発酵させ固めた「テンペ」の唐揚げと、豆乳と甘酒を使ったプリン、ニンジンと塩こうじのドレッシングで食べる旬の野菜、いった玄米のかゆを組み合わせ、料金は千円。毎週日曜日に20食限定で提供する。2日前までの予約が必要。

 福祉館の入館料(入浴料込み)は、宇土市民が大人(中学生以上)300円、子ども200円、市外在住者が大人400円、子ども300円。第1・3月曜定休。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ