第29期女流王位戦五番勝負

里見香奈女流王位 対 渡部愛女流二段

中継サイトはこちら

特設ページはこちら

第3局 5月30日(水)福岡県飯塚市「旧伊藤伝右衛門邸」

豊川七段が大盤解説 久留米王位戦

西日本新聞 筑後版

大勢の将棋ファンを前に行われた、豊川孝弘七段(右)による決勝戦の大盤解説 拡大

大勢の将棋ファンを前に行われた、豊川孝弘七段(右)による決勝戦の大盤解説

 久留米市六ツ門町の久留米シティプラザで19日に開かれた第42期西日本久留米王位戦の決勝戦では、審判長の豊川孝弘七段(52)による大盤解説会があった。出場者や将棋ファン約60人が激闘の行方を見守った。

 決勝は優勝5回の強豪、大分県代表早咲誠和さん(45)と、最年少優勝(第33期の18歳)の記録更新を目指す宮崎県代表の清水将馬さん(16)が対局。豊川七段は「早咲さんは体格の通り、持久戦が持ち味。清水さんは勢いがあり、これから伸びる」と評した。互角の戦いだったが終盤、早咲さんが手堅く追いつめた。「早咲さんの百戦錬磨がまさった感じですね」。豊川七段は感嘆した。

 アマ強豪も多く詰めかけた会場。「次の一手」の問い掛けには、会場から次々と予測の声が上がった。豊川七段も「ここはすごい将棋の虎の穴ですね。左を見れば藤井聡太、右を見れば藤井フミヤ」と得意のギャグを連発。会場は笑いが絶えず盛り上がった。

 筑後市の平井博幸さん(71)は「ネット将棋を少し指しているが、自分よりずっとレベルの高い人たちの戦いを見られて良かった。豊川さんのダジャレも楽しかった」と満足そうだった。

PR

PR

注目のテーマ