入市被爆認定判決 長崎市「控訴せず」 差し戻し審

西日本新聞 夕刊

 原爆投下時に国の指定地域外で長崎原爆に遭った「被爆体験者」が被爆者と認めるよう長崎市などに求めた訴訟を巡り、同市は21日、男性(故人)の入市被爆を認めた14日の長崎地裁差し戻し判決を受け入れ、控訴しない方針を表明した。

 男性は提訴後の2011年に81歳で死亡した上戸満行さんで、被爆体験者が長崎市などに被爆者健康手帳の交付などを求めた集団訴訟の原告の一人。17年12月の最高裁判決は入市被爆の可能性があるとして審理を差し戻していた。長崎地裁は陳述書などの本人証言の信頼性を評価。被爆者健康手帳交付、健康管理手当の申請を却下した市の処分を取り消す判決を出した。

 21日に原告側の支援者が市役所を訪れて判決を受け入れるよう要請。中川正仁・原爆被爆対策部長は「今回の裁判は原告が入市したかどうかが争われた個別案件。裁判所の判断を尊重し、控訴しないこととした」と話した。 

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ