新婚生活、基山町が応援 住居、転居費を補助

西日本新聞 佐賀版

 基山で新婚生活を始めませんか‐。基山町は、結婚して町内に住むカップルを対象に引っ越し費用や住居費用を補助する事業に取り組んでいる。町内への移住・定住の促進を図る「基山定住サプライズプロジェクト」の一環。新婚夫婦に特化した支援事業は県内の自治体では同町のみという。

 事業は国の「結婚新生活支援事業」を活用し、2018年10月にスタート。当初は19年3月末までの期間限定だったが、「期間中に2組のカップルが利用し、今後も需要が見込める」(町定住促進課)と判断し、事業継続を決めた。

 対象は、19年1月から20年3月末までに婚姻届を提出し、町外から町内に引っ越す転出届を受理された夫婦や、町内在住で結婚を機に別の住居に引っ越した夫婦。ともに34歳以下で両者の所得の合計が340万円未満などの条件を満たせば住居費用や引っ越し費用について合わせて最大30万円の補助を受けられる。

 町の人口は1995年の約1万9千人をピークに減少し、19年3月末時点で約1万7千人。町定住促進課は「結婚生活を始める若者を町に呼び込んで人口増加につなげたい」と話す。同課=0942(92)7920。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ