ラグビーW杯、長~いPR看板 お目見え 大分市に9チーム

西日本新聞 大分・日田玖珠版

大分市中心部に登場したラグビーW杯の長い看板 拡大

大分市中心部に登場したラグビーW杯の長い看板

 大分市府内町1丁目に、今秋のラグビーワールドカップ(W杯)日本大会をPRする長い看板がお目見えした。

 制作したのは、官民でつくる大分市ラグビーW杯支援事業実行委員会とオフィシャルスポンサーのキヤノン。「祝祭の広場」の建設現場を囲う塀に、前回イングランド大会の迫力あるシーンの写真が掲出されており、その大きさは高さ2メートル、長さ約30メートル。大分で試合を行うニュージーランドやオーストラリアなど9チームが登場している。

 同様の看板はキヤノンなどが全国約50カ所に既に設置。大分市では8月中旬まで掲示される見込み。

PR

PR

注目のテーマ