夢の舞台へ第一歩 HTB歌劇学院入学式 16人が精進誓う

西日本新聞 長崎・佐世保版

 佐世保市のハウステンボス(HTB)にある専属歌劇団の女優を育てる「HTB歌劇学院」の入学式が21日、園内のホテルであり、6期生が夢の舞台に向かって第一歩を踏み出した。

 6期生は声楽、ダンスなどの試験を経て、全国から集まった18歳から22歳までの16人。県内からは長崎市出身の中村樹里さん(22)と下釜春菜さん(18)が選ばれた。1年間、寮生活を送りながら洋舞や日舞、和楽器の指導を受け、舞台人としての素養を磨く。

 入学式では「歌劇 ザ・レビューハウステンボス」を代表し、男役トップスターの優雅さんが「ともに一流の歌劇人を目指しましょう」と激励。6期生代表の藤井由来(ゆら)さん(19)=神奈川県出身=は「光り輝く舞台人となれますよう、限りない芸の道に精進することを誓います」と決意を語った。6期生は来年春、研修生として舞台に立つ予定。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ