桂川町「王塚古墳」が大賞 名札ストラップデザインの全国コン

西日本新聞 筑豊版

大賞を受賞したストラップ。国特別史跡「王塚古墳」の文様がデザインされている 拡大

大賞を受賞したストラップ。国特別史跡「王塚古墳」の文様がデザインされている

 自治体職員が着用する名札のストラップのデザインを競うコンテスト「全国シティセールスデザインコンテスト」(福井県坂井市主催)で、桂川町の作品が大賞に選ばれた。国特別史跡「王塚古墳」の文様をあしらい、町は「全国的なコンテストで入賞できてうれしい。新たな土産として売り出すことを考えたい」としている。

 コンテストは、同市の特産品である越前織で、自治体の魅力を表現する。4回目の今年は過去最多となる全国148自治体から398点の応募があり、大賞は21点が選ばれた。

 桂川町は、王塚装飾古墳館などで販売しているマスキングテープのデザインを、デザイナーに改めてデザインしてもらって応募。マスキングテープにはもともと、石室に描かれた馬を埴輪(はにわ)風にアレンジした絵や装飾に使われた5色で表現した文字が描かれており、今回新たに町のマークやローマ字「OUZUKA KOFUN」などを追加した。

 ストラップは古墳館のスタッフが着用しており、今後はイベントや出張の際にも身に着ける予定という。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ