関門海峡ミュージアム、9月新装オープン

西日本新聞 社会面

関門海峡ミュージアムの2階から4階の吹き抜けに設置される日本最大級のスクリーンのイメージ図(北九州市提供) 拡大

関門海峡ミュージアムの2階から4階の吹き抜けに設置される日本最大級のスクリーンのイメージ図(北九州市提供)

 福岡県と北九州市は21日、改修工事を進めている北九州市門司区の観光文化施設「関門海峡ミュージアム」を9月21日にリニューアルオープンすると発表した。「関門海峡をまるごと楽しむ体験型博物館」をテーマに展示の充実を図り、増加する外国人観光客の取り込みも狙う。

 巨大客船をイメージした5階建てのミュージアム内部には改装により、2階から4階の吹き抜けに縦9メートル、横18メートルの巨大スクリーンが新設される。博物館の常設スクリーンとしては日本最大級で、関門海峡の朝日や夕日、壇ノ浦の戦いなどをコンピューターグラフィックス(CG)やアニメで投影する。2階には、巡視船の操船シミュレーターのほか、コンテナの積み降ろしを再現したクレーンゲームなどを設けるという。

 ミュージアムは2003年開館。18年4月から休館し改修している。費用は約10億円を見込む。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ