帰宅中のバス車内

西日本新聞 オピニオン面

 帰宅中のバス車内。突然、高齢男性から怒鳴られた。「あんたのかばんが俺の脚にずっと当たっている。邪魔なんだよ」。口調と目で怒りが伝わってきた。一番後ろの4、5人が座れる席。相手は酔っており、私にぴったりと密着。降りた人がいて席に余裕ができたのに気付いていない。

 「俺も仕事の帰りなんだ」「何でかばんを横に置く」と不機嫌な男性の言葉は続く。幅10センチほどの薄いかばんを渋々だったが膝の上に置いた。最近、若者の背中のリュックが当たったと、車内で怒鳴る高齢者に出くわし、少し嫌な思いもしていた。

 だからなのか、つい、その男性に言い返してしまった。「席に余裕があるのだから、あなたが少し移動すればかばんも触れない」。この後、互いに顔を背けて終わったが、日常の見知らぬ人同士のもめ事は、こんなささいなことで始まるのかもしれない。“キレる中高年”とならないよう自戒している。 (川原隆洋)

PR

最新記事

PR

注目のテーマ