その収集癖「ためこみ症」かも? 若年で発症、加齢でごみ屋敷も 

西日本新聞 くらし面

玄関を開けると、段ボールが天井の高さまで積まれていた60代女性のマンション(画像の一部を加工しています)=九州大学病院精神科神経科・行動療法研究室提供 拡大

玄関を開けると、段ボールが天井の高さまで積まれていた60代女性のマンション(画像の一部を加工しています)=九州大学病院精神科神経科・行動療法研究室提供

ためこみ症の研究と治療に取り組む九州大学病院精神科神経科の中尾智博・診療准教授。両親の離婚や死別、虐待などを機に症状が出ることもあるという

 自分が好きな本や衣類などを必要以上に集めて捨てられず、家にあふれて生活できなくなる「ためこみ症」という病気がある。近年、精神疾患の一つとして注目され、薬やカウンセリングなどの治療にも根気が要るという。病気と自覚しないまま中高年になると「ごみ屋敷」になる恐れもあり、本人と周囲の早めの気付きが大切になりそうだ。

●本、衣類…生活に支障

 ドアを開けると、玄関や廊下、部屋に天井まで段ボールが積まれていた。昨夏、福岡市内の賃貸マンション。訪れた九州大病院精神科神経科の溝部太郎医師(30)は「これは、かなりの症状だ」と驚いた。

 ここに1人で暮らす60代女性は、段ボールをいろんな店で譲り受けて集めていた。浴室や台所にも積んで住めなくなり、同科でためこみ症と診断され入院。溝部さんら医師の訪問調査を受けた際は、「何かの役に立つから」と答えた。

 病院側は女性と相談し、まず無料でもらったものや人に譲るために集めたものを処分対象とした。1週間のうち2泊3日で本人が自宅に戻り、片付けるたびに写真を撮って見せてもらうことに。その都度、褒めて励まし、約3カ月で床が徐々に見えるようになった。

 病室に滞在したことで「これが普通の部屋なんだ」と気付けたのも大きかった。溝部さんは「漏電による火災の恐れもあった。本人には価値のある物だから勝手に捨てられない。自分で片付けるよう意識を変えるのが難しい」と語る。

   ◇    ◇

 ためこみ症は「汚れが気になって手を洗い続ける」などの症状がある精神疾患「強迫性障害」の一種とされてきた。それが2013年、米国精神医学会がつくる精神疾患の国際的診断基準で別の病気と定義され、注目されるようになった。

 特徴は、物を大量に集める▽整理整頓ができない▽捨てられない‐の三つ。集めるのは文房具や領収書、空き缶、電化製品、家具など、人によって異なる。認知症や統合失調症、注意欠陥多動性障害(ADHD)なども物をためることがあるが、こうした病気の影響を除いても症状があると、ためこみ症と診断する。物を集めるものの、整理して生活障害を起こすことはない収集家とは異なる。

 病気の原因はよく分かっていないが、遺伝的な要因が大きいとされる。遺伝的なかかりやすさを持った人が、幼少期に両親の離婚や死別、虐待など心理的にショックな経験をすると、発症リスクが高まるという。

 ためこみ症の研究と治療に取り組む同病院精神科神経科・行動療法研究室によると、患者は物を集めることで心が満たされ、病気と自覚しないため病院に行くことが少ないという。

 研究室の昨年の調査では、患者21人のうち14歳以下が12人に上った。中尾智博・診療准教授(48)は「若い人にも一定程度、患者はいると考えられる。治療せず中高年になって病気が進行し、家がごみ屋敷になったり、近所から苦情が出たりして表面化しているのではないか」と分析する。

   ◇    ◇

 研究室によると、ためこみ症に有効な治療はまだ確立しておらず、薬物療法とカウンセリングで対応している。薬物療法は脳内の神経伝達物質に作用する錠剤を服用し、ためこみ症に影響する不安感や衝動性、こだわりの強さを和らげる。ただ、強迫性障害と比べて治療効果が出にくい難点があり、患者本人が行動を変えるためのカウンセリングも根気が必要という。

 福岡県内の80代女性は一戸建て住宅に家族で暮らしていたが、50年以上前から衣類や本、食器などを集め続け、住めなくなって転居を余儀なくされた。家族が処分しても「大切なものだから」と再び集め、物があふれる繰り返しだった。

 病院や行政に相談しても「性格のせいではないか」などと言われた。70代後半で九大病院にためこみ症と診断されたといい、50代の息子は「50年以上、本人も家族も仕事や進学、結婚で大きな影響を受けた。病気を早く突き止め、患者や家族が前向きに病と向き合える環境をつくってほしい」と訴える。

 病気の兆候はどうつかめばいいか。中尾さんは浴室やトイレ、家具など生活に必要な設備が物であふれ、使えなくなると「危険信号」と指摘する。その上で「軽い症状だと、ソファやテーブルに服や紙類が山積みになって使えない状態が5-10年続くと、ためこみ症の兆候ではないか。本人の気付きとともに、周囲の注意も大切になる」と呼び掛ける。

PR

PR

注目のテーマ