『預言の哀しみ』 渡辺京二 著 (弦書房・2052円)

 著者は、昨年亡くなった石牟礼道子を支えてきた。主に原稿の清書だが、最晩年には口述筆記に炊事に掃除までした。評論家でもある著者によると、石牟礼を語るキーワードは「脱線」であるという。〈何か言いかけて、しまいまでそれを述べ切ることをせず、途中にはさまった語句につれられて話が脇にそれていく〉。〈イメージがどんどん溢(あふ)れ、飛び散って収拾がつかなくなる〉ためだが、それは、石牟礼文学の〈余人とは異なるゆたかさ〉の源泉であり、〈古代的・野性的な思考による世界整序のしかた〉と評価する。ユーモアの中に石牟礼への敬意が感じられるエッセー集。石牟礼文学を語るシンポジウムの討論も収録。

PR

開催中

第13回あんぱんパーク

  • 2021年10月21日(木) 〜 2021年10月28日(木)
  • ベイサイドプレイス博多 海側イベントスペース
開催中

第5回写遊会 写真展

  • 2021年10月15日(金) 〜 2021年10月29日(金)
  • まいなびギャラリー(北九州市立生涯学習総合センター1階)

PR