久留米絣「もんぺ博覧会」 八女市で23日から

西日本新聞 筑後版

もんぺ博覧会をPRする「うなぎの寝床」のスタッフ 拡大

もんぺ博覧会をPRする「うなぎの寝床」のスタッフ

 久留米絣(がすり)を使ったもんぺの魅力を発信するイベント「もんぺ博覧会」が23日、八女市本町の旧寺崎邸で開幕する。若者向けなどさまざまなデザインのもんぺ約1500着を展示、販売する。6月3日まで。

 筑後地方を中心とした九州の伝統工芸品を扱うアンテナショップ「うなぎの寝床」が主催し、9回目。今回は久留米絣だけでなく、備後絣(広島県)や遠州織(静岡県)、播州織(兵庫県)、グアテマラの織物で制作したもんぺを用意。「他産地の織物と比較しながら、久留米絣の特徴を知ってもらいたい」(担当者)と来場を呼び掛けている。

 会場では久留米絣の制作工程を紹介する映像も流す。また、6月1日には、織元を巡って藍染め体験などをしながら理解を深めてもらう「久留米絣ディープラーニングバスツアー」(料金5千円)、同2日は持ち寄ったもんぺを着用して九州オルレ八女コースを歩く「もんぺでオルレ!-八女古代史探訪-」(同千円)も開催する。

 午前11時半-午後6時。入場無料。28、29日は休み。うなぎの寝床=0943(24)8021。バスツアー申し込みは、茶のくに案内所=0943(22)6644。

福岡県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ