『非戦へ』  藤井貞和 著  (編集室水平線・1944円)

西日本新聞

 〈文学のなかに戦争はあふれ返っている〉とする東京大名誉教授の詩人による3冊目の戦争論集。記紀や万葉集から、福島第1原発事故の後に書かれた詩までを読み解き、戦争を引き起こす言葉や物語の本質について考察。戦いを回避する道を探る。誠実であらんとする文学者の真摯(しんし)な営み。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ