『炭都物語』  宮本一平 著  (葦書房・1728円)

西日本新聞

 小学6年生の鉄平はレンコン堀へ向かった。稲刈りが終わって水は少ない。全部くみ出せば素手でウナギが捕れるはず…。炭鉱の町、大牟田・三池を舞台にした自伝的小説。三池争議による親たちの動揺を感じながらも、豊かな自然の中でたくましく成長する子どもの姿を描く。著者は熊本県玉名市在住。

PR

PR

注目のテーマ