『座席ナンバー7Aの恐怖』  セバスチャン・フィツェック 著  (文芸春秋・2430円)

西日本新聞

 ブエノスアイレスに住む精神科医マッツ。娘に会いにベルリン行きの飛行機に乗った直後、携帯が鳴った。「娘を誘拐した。助けたければ、今乗っている飛行機を落とせ」。犯人の目的は? マッツは、地上にいる元恋人の協力を得て、解決に挑む。ドイツ人作家の心理サスペンス。酒寄進一訳。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ