『てらこや青義堂 師匠、走る』  今村翔吾 著  (小学館、1728円)

西日本新聞

 かつてすご腕の公儀隠密だった坂入十蔵は、今では江戸で寺子屋の師匠として穏やかな暮らしをしていた。一癖も二癖もある筆子(生徒)たちに振り回される日々を楽しんでいたが、十蔵は筆子たちと伊勢神宮へおかげ参りに向かうことに。途中、十蔵にある知らせが届く。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ