『雑品屋セイゴオ』  松岡正剛 著、菊地慶矩 画  (春秋社、1944円)

西日本新聞

 月球儀にノート、大福、赤チン…。昭和20年代後半から50年代半ばまでのちょっと懐かしい、とっておきの品々を、七つの函(はこ)に見立てた各章で紹介。「雑品屋」店主の役回りの著者が、エピソードとともに手触り感のある文章でそれらの魅力をつづる。

PR

読書 アクセスランキング

PR

注目のテーマ