「エクステリアフェアin九州」 住宅の外部環境を快適に

西日本新聞 夕刊

昨年のエクステリアフェアで展示されたガレージを見る人たち 拡大

昨年のエクステリアフェアで展示されたガレージを見る人たち

■6月1、2日、福岡市・福岡国際センター

 住宅の外部環境を快適にする設備や装飾品などを紹介する「エクステリアフェア2019in九州」が6月1、2日、福岡市博多区築港本町の福岡国際センターである。エクステリアはインテリアの対義語で、門塀、門扉(もんぴ)、ガレージ、庭園灯のほか、ガーデニングやプランターなどの植栽を含む住宅外部の環境を幅広く意味する。

 会場では、エクステリア関連32社の暮らしに役立つ新商品を展示するほか、園芸用品や生活雑貨などの物販コーナーも設ける。屋外ではB級グルメや軽食が楽しめるフードコートを置き、植木市も行う。日本エクステリア建設業協会によるブロック塀に関する相談なども受け付ける。

 会場周辺にはフェア専用駐車場がないため、公共交通機関の利用を呼びかけている。詳細はフェア実行委員会のホームページ。入場料500円(前売り400円)、高校生以下は無料。実行委事務局=092(471)7606。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ