CMヒロイン、女優の星へ 長崎市出身、中3の茅島みずきさん

西日本新聞 長崎・佐世保版

「まだまだ何もできないので、少しずつ努力したい」と前を見据える茅島みずきさん 拡大

「まだまだ何もできないので、少しずつ努力したい」と前を見据える茅島みずきさん

 大塚製薬のスポーツドリンク「ポカリスエット」のCMヒロインに、長崎市出身の中学3年、茅島みずきさん(14)が選ばれた。CMは宮沢りえさんや綾瀬はるかさんらを輩出し、「女優の登竜門」とも呼ばれる。茅島さんは「将来はどんな役でも演じられる女優になりたい」と意気込む。

 4月に放送が始まったCMは、とある学校が舞台。茅島さんは、悩みや不安を歌い叫び、激しいダンスを披露する。力強い歌声は自身の肉声だ。オーディションで「まっすぐで一生懸命な姿」が評価され、ヒロインの座を射止めた。ダンスの経験はなく、撮影までの3週間、猛練習を重ねた。「どうすれば自分の思いを伝えられるか、勉強ができた」と振り返る。

 もともとプロゴルファーを目指していた。小学2年でゴルフを始め、ベストスコア70を出した腕前を持つ。転機は小学6年の時。全国大会で結果が出ず、落ち込んでいた時、芸能界入りを望んでいた母親が、現在所属する芸能事務所のオーディションを受けるように薦めた。2017年夏、約3千人の応募があった中でグランプリを獲得した。

 今春、東京と熊本で開かれた国内最大級のファッションイベント「東京ガールズコレクション」にモデルで出演。芝居や発声、ダンスのレッスンも受けている。うまくできず、泣いてしまうこともあるが、悔しさをバネに前を向く。「女優やモデルとして成長していく姿を見てほしい」と飛躍を誓った。

PR

PR

注目のテーマ