唐津市水産会館の入居ゼロに 3億円で整備も撤退次々

西日本新聞 佐賀版

海産物直売施設が撤退し、テナントがゼロになる唐津市水産会館 拡大

海産物直売施設が撤退し、テナントがゼロになる唐津市水産会館

 唐津市は、同市海岸通の市水産会館に入居している海産物直売施設「からつしーまーと」が25日の営業を最後に閉店し、テナントがゼロになると発表した。経営不振が撤退の理由。会館は市が約3億円かけて整備したが、市街地から離れて立地条件も悪く、飲食コーナーも空き店舗のまま。関係者からは「見通しが甘かった」との声が出ている。

 会館は2013年1月、水産情報の発信や魚食振興を目的に市が建設。1階に海産物の展示・販売や飲食用のテナントスペース、2階に多目的ホールなどを備える。総事業費は3億400万円。うち2億4800万円は、九州電力玄海原発のプルサーマル受け入れに伴う県の核燃料サイクル補助金を充てた。

 市は当初、1階部分を水産業者に貸し、業者が食堂と海産物直売施設を営業していた。だが、客足が伸びず13年9月に業者が撤退。その後、14年4月から1階の一部で、唐津魚市場など4団体が海産物直売施設を運営してきた。市は16年度から年約200万円の賃料を75%減免しているが、「奥まった場所にあり、売り上げが伸びなかった」(同社)として撤退を決めたという。

 一方、飲食コーナーは13年9月以降、一時期を除き入居者がいない状態で、市は今後、海産物販売と飲食の出店業者を公募する。市水産課は「施設の認知度が低く、足を運んでもらえなかった。今後はイベントや情報発信に積極的に取り組む」と説明。市議の1人は「水産業界からの要望ではなく、補助金ありきで造った施設。水産業者は冷めた目で見ており、公募しても出店業者は出てこないのでは」と話した。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ