九州交響楽団「天神でクラシック マルチな才人・鈴木優人(まさと)の選ぶ『イタリア』」

西日本新聞 もっと九州面

 6月8日(土)午後3時、福岡市中央区天神のFFGホール(旧福岡銀行本店大ホール)。指揮は作曲家、演出家、ピアニストなど幅広く活躍する鈴木氏。「イタリア」がテーマの3曲を演奏する。 

 曲目は▽イタリア人ビバルディの「調和の霊感」第10番▽同じくニーノ・ロータの「コントラバスと管弦楽のための協奏的ディベルティメント(器楽組曲)」▽メンデルスゾーンがイタリア旅行で発想を得たとされる交響曲第4番イ長調「イタリア」。コントラバスのソリストは南西ドイツ放送交響楽団(SWR交響楽団)のメンバー弊(へい)隆太朗氏が担当する。 

 入場料はA席4200円、B席3400円、学生席1500円。九響チケットサービス=092(823)0101。 

PR

PR

注目のテーマ