干潟を染める夕日 豊後高田市・真玉海岸

西日本新聞 大分・日田玖珠版

夕日が沈み、あかね色に染まる真玉海岸 拡大

夕日が沈み、あかね色に染まる真玉海岸

 豊後高田市の真玉海岸で海岸線に沈む夕日が、遠浅の干潟をあかね色に照らしている。日没と干潮時刻が重なる時期だけ見られる幻想的な風景を一目見ようと、多くのカップルや写真愛好家らが集まる。

 真玉海岸は国東半島の北西部にあり、九州東部に位置する大分県では珍しく海に沈む夕日を望むことができる。干満の差が大きく、干潟に残る水が作り出すしま模様に夕日が映り込む絶景は「日本の夕陽百選」に選ばれている。

 22日は午後5時前に干潮となり、同6時半頃に日が落ち始めた。干潟があかね色に染まると、待ち構えていた写真愛好家らが夢中でシャッターを切ったり、カップルが干潟に降りて夕日を眺めたりしていた。

大分県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ