チョークの絵 10色鮮やか 九州産業高美術部「黒板アート甲子園」入賞

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 学校の黒板をキャンバスに、チョークで描いた作品を審査する今年の「日学・黒板アート甲子園」で、筑紫野市の九州産業大付属九州産業高美術部が高校部門のエリア賞(九州・沖縄ブロック)を受賞した。最優秀賞、優秀賞に次ぐ成績。工夫を凝らして制作に当たった部員たちは入賞を喜んでいる。

 大会は黒板メーカー、日学の主催で5回目。高校部門には全国から145点の応募があった。九州産業高は昨年から、美術部の活動として取り組んでいる。

 受賞作の「はじめよう」は新入生だけでなく、いじめや不登校に悩む生徒にも向けた作品。校庭の桜を背景に、中央の生徒がこちらに手を差し出し、右側には「いっしょに行こうよ!」のメッセージも添えた。

 春休み中の3月に、当時の1、2年生7人で制作。全員で構想を練り、イメージに合わせて撮影した写真を見ながら、およそ縦1メートル、横5メートルの黒板に作画。10色のチョークを使って1週間で仕上げた。

 通常の絵とは逆に、黒い部分はチョークを消すことで表現。校舎のラインではシャープさが必要なため消しゴムを使用した。また、桜の花びらにしっかり色をつけて遠近感を出そうと、チョークを崩して水で溶き、絵の具のようにして塗るなど工夫を凝らした。

 審査では、見る人が明るい気分になる作風である点や、細かい部分も手を抜かない繊細な仕上がりが評価された。

 中央の生徒のモデルを務めた2年生の榎本愛弓さん(16)は「自分も気に入っているポーズ。受賞に貢献できて光栄」と笑顔。部長で3年生の前田しおんさん(17)は「やる以上は賞を取りたかったけど、本当に入賞すると思わなかった」とし、「大会での活躍が美術部の伝統になってほしい」と今後に期待していた。

福岡県の天気予報

PR

福岡 アクセスランキング

PR

注目のテーマ