佐賀空港自衛隊共用へ「協定変更を」 オスプレイ配備 知事、漁協に要請

西日本新聞 社会面

 陸上自衛隊オスプレイの佐賀空港配備計画を巡り、昨年8月に受け入れ表明した佐賀県の山口祥義知事は24日、県有明海漁協(佐賀市)を訪れて漁協幹部と会談し、県と漁協が結ぶ自衛隊による空港共用を否定した公害防止協定覚書付属資料を「変更させてほしい」と見直しを要請した。

 県は空港建設の際、建設や共用による公害を防ぐ約束として、漁協と「自衛隊と共用するような考えを持ってない」と明記した文書を交わしている。オスプレイ受け入れには文書の変更が必要になるが、漁協はオスプレイの安全性や事故発生時のノリ漁への被害を懸念し、反対論が根強い。

 この日の会談で、山口知事は約30分間かけて受け入れ表明を決断した経緯を説明。「過酷な訓練は有明海上空で行わないと確認している」と理解を求めた。知事は会談後、記者団に「(協議の)進め方は今後相談しながら。感触は分からない」と述べた。

 一方、記者会見した徳永重昭組合長は「そう簡単に返答できない。漁業に影響がある事業を私たちは引き受けたくないのが実情。影響が出る、出ないを含め、いろんな情報がないと回答できない」と慎重な姿勢を見せた。

佐賀県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ