今季は開幕から不振が続いていたサッカーJ1サガン鳥栖が

西日本新聞 社会面

 今季は開幕から不振が続いていたサッカーJ1サガン鳥栖が、息を吹き返そうとしている。先日は、好調時でもなかなか勝利することができなかったサンフレッチェ広島から、敵地でオウンゴールながらも白星をもぎ取った。

 浮上のきっかけは監督交代だった。戦力は変わっていないのに、明らかに以前とはチームの勢いが違っている。一方、同じく不振にあえいでいるヴィッセル神戸は監督を代えたにもかかわらず、今のところ結果は出ていない。違いはどこにあるのか。

 毎年、プロ野球の世界に多くの選手が未来のスターを目指して門をたたく。福岡ソフトバンクの千賀滉大投手や甲斐拓也捕手らのように、入団時には1軍公式戦出場のための支配下契約を得られなかった「原石」がチーム、さらには球界を代表する選手に育つ。「紙一重」とアスリートたちは戦っている。スポーツの不思議な一面であり、奥深さでもある。 (大月崇綱)

PR

最新記事

PR

注目のテーマ