天神3.8億円強盗計画役に懲役16年 10人全員実刑に 福岡地裁判決

西日本新聞 社会面

 福岡市・天神で2017年、貴金属店勤務の男性から金塊買い付け資金約3億8千万円を奪ったとして、強盗致傷などの罪に問われた暴力団組員小菅誠被告(42)と元暴力団組員石原秀夫被告(53)の裁判員裁判で、福岡地裁は24日、小菅被告に求刑通り懲役16年、石原被告に懲役11年(求刑懲役13年)の判決を言い渡した。

 同事件では10人が起訴され、今回の判決で被告10人の一審判決が出そろった。全員が実刑判決。

 公判で小菅、石原両被告は「共謀もなく事件に関わっていない」と無罪を主張していた。

 足立勉裁判長は、両被告が関与したという共犯者東房義昭受刑者(45)=懲役12年が確定=の証言は「通話履歴などと整合しており信用できる」と判断。小菅被告は犯行を立案し金塊取引状況を伝えるなど主導的役割を果たし、石原被告は荷物の運搬などに加担したと認定した上で、「巨額の現金を白昼の繁華街で強奪しており大胆で悪質。社会に与えた衝撃は大きい」と述べた。

 判決によると、両被告は東房受刑者らと共謀し、17年4月、同市中央区天神の駐車場で男性に催涙スプレーを吹き掛け、金塊買い付け資金が入ったスーツケースを奪うなどした。

PR

最新記事

PR

注目のテーマ