『和解論』  遠藤歩 著  (九州大学出版会・6480円)  

西日本新聞 文化面

 紛争解決の手段に「訴訟」と「和解」があるが、民法上の和解に関する研究はいまだ十分でないと九州大教授の著者。日本の民法の土台となった梅謙次郎の和解論や、梅が依拠した19世紀フランスの和解論の全体像を示しながら、日本の和解論の成立史を検討。その上で和解の再定義を試みている。

PR

PR

注目のテーマ