大牟田「カルタ体操」完成 大蛇山、炭鉱…市民に言葉募る

西日本新聞 筑後版

来店客の女子学生も参加し披露された「カルタ体操2―3―3!」 拡大

来店客の女子学生も参加し披露された「カルタ体操2―3―3!」

店内でダンス体操完成を記者発表する杉山一隆さん(左から2人目)ら

 大牟田発祥とされるカルタを街の魅力発信につなげる「トレジャー(宝)プロジェクト」の一環で、ダンス体操「カルタ体操2‐3‐3!」が完成した。プロジェクトを進める飲食店「ROOTH(ルース)2‐3‐3」(大牟田市不知火町)が、「大牟田の宝」を題材にカルタの読み札となる言葉などを市民に募集。それを基に有名音楽プロデューサーや振付師が制作した。歌詞や体の動きにも地元愛があふれ、多くの人に親しんでもらうため、近く動画をネットに公開する。

(あ)有明海 ひょっこり顔を出す ムツゴロウ

(い)勇ましき 大蛇山が 練り歩く

(う)梅が咲き 地をはう竜が 現れる

(え)永遠の 宝となった 三池炭鉱

(お)大牟田の 新しい風となった ROOTH2‐3‐3……

 歌詞には、市民の誇りがふんだんに盛り込まれている。振り付けにも石炭掘りをイメージするつるはしの振り下ろしや、カルタ遊びの動作など、大牟田色が全面にちりばめられている。

 店によると、2月-3月中旬に募集した「大牟田の宝」には、市内の小中学生や全国の大牟田ファン計520人から応募があったという。

 楽曲制作を担当したのは、福岡市在住の音楽プロデューサー中村優一さん、振り付けは振付師ユニット「振付稼業エアーマン」代表で福岡市出身の杉谷一隆さん。24日にあった同店での記者会見で、中村さんは「ダンス体操を機に大牟田に興味を持ってくれる人が増えればうれしい」、杉谷さんは「座ってもできるので、多くの人に踊ってほしい」と話した。

 記者会見後には、ダンス体操のデモンストレーションや、動画撮影も行われた。参加した有明高専ダンス愛好会に所属する2年生、田中萌さんと渡辺未来さん=いずれも(16)=は「楽しい踊り。学校でも友達と踊りたい」と話した。

 「大牟田の宝」を基に、頭語を五十音順に並べたオリジナルカルタは制作中で、今年秋ごろに発表予定という。

PR

アクセスランキング

PR

注目のテーマ