フットボール映画祭 6月8日に博多区で トークショーも

西日本新聞 ふくおか都市圏版

 日本で見るチャンスが少ない貴重なサッカー映画上映を通じて、サッカーに関わる楽しさを伝える「福岡フットボール映画祭2019」が6月8日、福岡市博多区のユナイテッド・シネマ キャナルシティ13で開かれる。

 日本時間同日に女子ワールドカップ(W杯)がフランスで開幕するのにちなみ、第1部の午後4時からは、同国初の女子サッカーチーム誕生を描いたコメディー「ピッチの上の女たち」を上映。同6時45分の第2部では、飛行機墜落事故で選手や首脳陣ら60人以上が亡くなったブラジルのクラブ・シャペコエンセを追ったドキュメンタリー「わがチーム、墜落事故からの復活」を上映する。


 映画祭はアビスパ福岡のサポーターなどでつくる実行委員会の主催。5回目の今回は第1部の鑑賞者向け特典として、上映後に「福岡女子サッカーの未来図」と題したトークショーを開く。ともに元日本代表で、アビスパ福岡OBの山下芳輝さんと、福岡J・アンクラスの加藤真理選手が登壇する。

 1作品につき、当日で一般1800円(前売り1500円)、大学生以下800円。第2部では、シャペコエンセに所属していた元アビスパの2選手いずれかの背番号入りユニホームの着用者は先着10人、鑑賞無料になる。収入の一部は熊本地震や九州豪雨の被災地支援の販売活動費に充てる。

PR

PR

注目のテーマ