コストコ21年御船町へ 6月にも出店に向け協定

西日本新聞 熊本版

 米国会員制ディスカウントストア「コストコ」の誘致を進めていた御船町は、6月上旬にも日本法人のコストコホールセールジャパン(川崎市)と出店に向けた協定を締結する。店舗は九州では福岡県の2店舗に続く3店舗目で、南九州では初。同社は2021年春の開店を目指す。

 計画では、九州自動車道御船インターチェンジ(IC)東側の農地約6ヘクタールに出店する予定。町は今後、出店予定地の農地の転用を県に申請する方針。町幹部は「雇用が生まれたり、店舗周辺に関連企業が進出したりと大きな波及効果が期待できる」と協定締結を歓迎する。

 コストコは、廉価でガソリンを提供する給油所を併設することで店の集客力を高める戦略を全国で展開する。これに対し、県内の石油業界から「経営が成り立たなくなる」などとして給油所併設に反対の声が上がっていた。関係者によると、コストコ側は御船町の店舗にも給油所を整備する計画という。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ