阿蘇・根子岳シーズン到来

西日本新聞 熊本版

 阿蘇五岳の一つで、のこぎりの歯のような山容で知られる根子岳(高森町)で26日、夏山シーズン到来を告げる山開きがあり、登山客でにぎわった。

 山頂に近い東峰(1408メートル)には、南北東の3方向から登山道があるが、熊本地震の影響で北側ルートはまだ登れない。登山客の多くは南側の尾根沿いルートで山頂を目指した。視界が開ける8合目付近からは、ピンクの花を咲かせたミヤマキリシマ(山ツツジ)の群落が徐々に広がり、歓声が上がった。

 鹿児島県の60代夫婦は、阿蘇山に初めて登ったという。定年を迎えた夫(64)は熊本地震後、ボランティアで熊本に通い、今は住宅再建や砂防ダムの工事現場で働く。熊本市内で単身赴任し、毎月2回、世話に訪れる妻と熊本観光を楽しんでいるという。「いろんな人との出会いがあり、きょうもいい思い出になった」と話していた。 

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ