「自分の『普通』嗤われるの嫌」命絶った20歳の女性 届かなかった支援、母の苦悩

西日本新聞 社会面

 ≪自分の中の「普通」がその社会の「普通」とズレていることを嗤(わら)われるのはもう嫌だった。突きつけられるのも嫌だった≫

 福岡市で1月、そんな遺書を残し、20歳の女性が命を絶った。対人関係の難しさや感覚過敏などを抱え、短大卒業を前に社会に出る不安を深めていたという。発達障害を疑っていた母親(49)は相談機関を頼ったが、支援にはつながらなかった。生きづらさを抱える人たちに、社会は向き合えているだろうか。

 6畳の部屋に置かれた本棚には、女性が好きだったという生き物や植物の本が並んでいた。学習机のわが子の写真に目をやり、母親は漏らした。「私はどうすればよかったのでしょうか…」

 暗黙の了解や言外の意味が分からない子どもだった。「壁に落書きしないで」と注意しても、隣の壁に書き始める。してはいけないと納得するまでに数カ月かかることも多かった。「次の休みどうする?」では理解できず、「土曜日は夕方まで遊べるけど、行きたいところある?」と丁寧に伝えないといけなかった。

 こだわりも強く、幼い頃は何時間でもアリの巣を眺めていたという。味覚や聴覚過敏にも苦しめられた。学校給食は味付けが濃く感じ、ほとんど食べられない。教室の話し声で頭痛がし、耳栓をして登校した。

 「読む」と「聞く」の理解にも差があった。問題文を読み上げれば理解できるが、一人では解答できない。テストの結果は散々だった。「変わっている」と同級生から見られながら、仲の良い友達やフォローしてくれる教師に支えられて何とか過ごしてきたという。

 母親は発達障害を疑い、何度も相談していた。乳幼児健診や就学前健診では「問題ない」。小学校でいじめに遭ったときには児童相談所にも尋ねたが、「レッテルを貼るのはどうか」という意見だった。樹木医になる夢をかなえるため、AO入試で短大に進学。この頃から社会に出ることを意識し、再び公的機関を頼るようになった。

 行政が設置する発達障害者支援センターは「障害があるかもしれないが、診断を受けてもらわないと支援はできない」。県がリストアップした専門医療機関に行くよう促され、18歳以上を対象とする病院に電話をかけたが、「思春期は診断が難しい。20歳になったら来てください」「予約が殺到していて受けられない」と断られた。

 昨年12月、女性は描いていた絵を途中で打ち切り、「もう描けなくなっちゃった」と漏らしたという。20歳の誕生日を迎えた直後、自宅で命を絶った。

 母親は言う。「私がずっとそばにいてあげられるなら、診断は必要なかった。でも社会に出たらそうもいかないから、何かしらの支援や助言がもらいたかったんです。二十歳(はたち)になったらまた相談に行こうねって話していたんだけど、娘は待ってくれなかった」

PR

社会 アクセスランキング

PR

注目のテーマ