救助の女性を表彰 外を見ると、白川に流されている男性… 救命胴衣着け飛び込む

西日本新聞 熊本版

 熊本市消防局は、熊本市の白川で流された30代男性を救助した熊本市西区の美容師野尻美佐さん(48)に表彰状を贈った。救命胴衣を着け、迅速に川に飛び込んで男性を助けた冷静な行動が評価された。

 4月23日午後5時50分ごろ、野尻さんは集合住宅4階の自宅で食事中だった。ふと窓の外を見ると、男性が川を流されているのに気付いた。川の近くに長年住み、釣り歴43年と水の怖さを熟知している野尻さんはとっさに「助けなくては」と思ったという。

 自宅にあった救命胴衣を着用。救助用としてもう1着を持ち出し、現場に駆けつけた。岸から大声で呼びかけたが男性の反応はなく、「気が付いたら、靴と携帯電話を岸に置いて川の中に入っていた」と野尻さん。腰まで水につかりながら岸から約15メートル進み、もうろうとしている男性の後ろに回って捕まえ、岸まで引き上げた。岸に着くと男性は意識を回復。病院に搬送されたが、命に別条はなかったという。

 男性は身長175センチ程度で体重約80キロ。野尻さんは身長157センチと体格差は大きかったが「夢中だった。抵抗されなかったから、よかった」と振り返った。

 22日の表彰式で、西岡哲弘市消防局長は「水の流れも強い中で、冷静に迅速に対応していただきありがとうございます」と称賛。野尻さんは「焦る気持ちがありながらも冷静に行動したと思う。いざという時に一歩踏み出す勇気が自分にもあったのだと、うれしい気持ち」と話した。

熊本県の天気予報

PR

熊本 アクセスランキング

PR

注目のテーマ