2人を原爆症に認定 長崎地裁 3人は請求棄却

西日本新聞 社会面

 長崎原爆で被爆し原爆症認定の申請を却下された長崎市内の被爆者5人(1人は故人)が、国の処分取り消しを求めた訴訟の判決で、長崎地裁(武田瑞佳裁判長)は27日、うち2人の疾病は放射線が原因と認め、申請却下処分を取り消した。ほか3人の請求は棄却した。

 武田裁判長は、被ばくとの因果関係を個別に検討。急性心筋梗塞を発症した男性=2016年に76歳で死亡=について、原爆投下直後に屋外で数日間過ごし、放射性物質が付着した野菜を食べていたなどとして「相当量の被ばくがあった」と判断した。甲状腺機能低下症の女性(74)については下痢などの急性症状はなかったが「放射線起因性」を認めた。ほか3人の請求は、疾病を巡る「要医療性」などを認めず退けた。

 国の原爆症認定基準は段階的に緩和されてきた経緯がある。武田裁判長は国が13年末に見直した現行の「新基準」について、「地理的範囲および被ばく線量について過小評価されている疑いがある」と指摘した。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ