日米首脳会談 「緊密な関係」で何をやる

西日本新聞 オピニオン面

 トランプ米大統領が令和初の国賓として来日し、27日に安倍晋三首相と会談した。

 会談後の記者会見で安倍首相は「日米同盟の絆は揺るぎようのない世界で最も緊密な同盟」など「絆」「緊密」を連発し、トランプ氏も「日米同盟は世界の平和と繁栄の礎」と応じた。

 そもそも今回の会談は日本側にとって、話し合って何か決めると言うよりも、トランプ氏と安倍首相との個人的な親密さを強調することで「緊密な日米関係」を内外にアピールすること自体が目的だったと言える。

 安倍首相は会談前日、ゴルフ、相撲観戦、炉端焼きの夕食でトランプ氏を終日もてなした。日本側はこれでもかと両氏のツーショットを発信し、「緊密さ」の演出に余念がなかった。

 確かに、世界の首脳の中でトランプ氏と最も仲がいいのは安倍首相であろう。トランプ氏は「脅し」のような外交手法で自国の利益を追求し、予測不能な言動で国際社会を混乱させている。そんな扱いにくい人物の懐に入って一定の関係を築いたのは、安倍首相の「抱きつき外交」の効用と言えるだろう。

 ただ気になるのは、日本がこの「緊密な日米関係」を使ってどういう成果を挙げているのか、そして何を目指しているのかが見えてこないことだ。

 最大の焦点の貿易交渉について、トランプ氏は会談冒頭「8月に素晴らしいことが発表される」と語った。7月の参院選の前に譲歩できない安倍首相の立場に配慮したとみられるが、逆に参院選後に大幅な譲歩をさせる意味とも受け取れる。「緊密な関係」がどれだけ日本のプラスになっているかは不明だ。

 北朝鮮問題では、会談で安倍首相が、拉致問題解決のため、条件なしで金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談を目指す方針をトランプ氏に伝え、トランプ氏もこれを支持したという。

 米国の支持を後ろ盾にして北朝鮮に拉致問題解決を迫る戦略は間違っていない。しかし肝心の日本による北朝鮮へのアプローチが弱い。安倍首相も会見で「日朝首脳会談のめどは立っていない」と認めた。これでは米国の支持を取り付けても「布石を打っただけ」に終わる。

 そもそも本当に緊密な関係なら、米軍普天間飛行場の移設問題や日米地位協定改定に関し、トランプ氏に譲歩を求めるぐらいはすべきではないか。「緊密な追従関係」では困るのだ。

 「緊密な関係」をてこに、課題解決のために何をするのか。その戦略がないまま、ただ関係強化だけを喜んでいるのなら、今回のトランプ氏来日は「首脳外交」ではなく、「首脳接待」と呼ぶのが適当だろう。

PR

PR

注目のテーマ