米核実験は「暴挙」 長崎で被爆者ら座り込み

西日本新聞 長崎・佐世保版

 米国が今年2月に臨界前核実験を実施していたことを受け、原水爆禁止長崎県民会議などは28日、長崎市の平和祈念像前で抗議の座り込みを行った。被爆者ら35人が参加し「いかなる国の核実験、核保有も許さない」と憤りの声を上げた。

 座り込みでは、参加団体の代表者が今回の核実験を「暴挙」と強い言葉で批判し、米国の核政策を「断じて容認できない」とする抗議文を読み上げた。文書は在日米大使館に送った。

 また、長崎原爆被災者協議会(被災協)など市内の被爆者4団体もこの日、トランプ米大統領宛ての抗議文を大使館に送付。抗議文では、核爆発を伴わない臨界前実験を含む全ての核実験を行わないよう訴えるとともに、トランプ氏が被爆地を訪問して被爆者の体験を聞くことも要望した。安倍晋三首相に対しても、米に抗議するよう求める要請書を送った。

 市役所で会見した被災協幹部は「本当に腹立たしい。米国は大国らしい振る舞いをして世界を核廃絶へと導いてほしい」と語った。

 諫早市の宮本明雄市長も同日、在日米大使館に抗議文を郵送した。

長崎県の天気予報

PR

長崎 アクセスランキング

PR

注目のテーマ