【やさしい日本語】べっぷの「おんせん」の でる ちからが よわくなっている  おんせんが でる ところを ぜんぶ しらべる

西日本新聞

大分(おおいた) (けん)   別府(べっぷ) () は、  日本(にっぽん) で  いちばん  温泉(おんせん) が  (おお) いです。

でも、温泉(おんせん) が  () る  (ちから) が  (よわ) く  なっています。

2016(ねん) に、温泉(おんせん) が  () るところを  調(しら) べました。

30年前(ねんまえ) よりも、お() が  (あつ) くないところが  たくさん  ありました。

もっと  (ふか) く  () らないと、(おな) じ  (あつ) さに  なりませんでした。

別府(べっぷ) では、1960(ねん) から70(ねん) ぐらいに  温泉(おんせん) が  たくさん  できました。

だから、温泉(おんせん) () る  (りょく) が  (よわ) く  なっているかも  しれません。

このごろは、温泉(おんせん) を  使(つか) って  電気(でんき) を  つくる  活動(かつどう) も  () えています。

大分(おおいた) (けん) と  別府(べっぷ) () は、温泉(おんせん) が  () るところを、はじめて  ぜんぶ  調(しら) べます。

2(ねん) で  2300か(しょ) ぐらいを  調(しら) べます。

() の  (あつ) さや、お() の  (りょう) などを  調(しら) べます。

(むかし) に  くらべて  どうなったかも  調(しら) べます。

わかったことは、温泉(おんせん) を  (まも) るために  使(つか) います。

別府(べっぷ) () の  (ひと) は「温泉(おんせん) は  別府(べっぷ) () の『(たから) 』です。この  (さき) も  使(つか) うことが  できるようにしたいです」と  (はな) しています。


(もと) の  記事(きじ) は  こちら

大分県の天気予報

PR

大分 アクセスランキング

PR

注目のテーマ