玉名の魅力「かるた」に 歴史や風土、著名人盛り込む

西日本新聞 熊本版

 玉名市は、地域の魅力を絵札と読み句に込めた「玉名かるた」500セットを製作した。市内の小中学校で郷土愛を育む学習に活用してもらうほか、ふるさと納税の返礼品にする。6月1日(土)に完成記念のかるた大会を開催する。

 かるた製作は玉名商工会議所を中心に企画した。2016年に読み句全46句を募集。事業を引き継いだ市がフォトコンテスト形式で絵札の写真を選んだ。読み句は「白鷺(しらさぎ)が傷を癒(いや)した玉名温泉」「ラーメンは玉名自慢の名物だ」「笠智衆名作残した名俳優」など歴史、風土、著名人をふんだんに盛り込んでいる。

 かるた大会は午後1時から玉名市民会館第1会議室で。参加無料。飛び入り参加もでき、参加賞や優勝賞品がある。市都市整備課まちづくり推進係=0968(75)1122。

熊本県の天気予報

PR

PR

注目のテーマ